猛烈な「ぎっくり腰」重症

40代男性、仕事でカラダを使うので年に何度かぎっくり腰になるそうです、今回はいつもの痛み方と明らかに違う! 簡単には良くなる気がしないけど、どうにかしてくださいと来院されました。

当院にはぎっくり腰でお困りの方が多く来られますが、かなり重症のぎっくり腰でした。

目次

ぎっくり腰 1日目

当院に到着しベッドにどうにか座ってもらい施術スタート、まずは触らないでエネルギー療法と手技を行い、立ち上がり、歩行が出来るようになりました。

ベッドに仰向けに寝ることが可能になったので下肢から手技で行い腰を少しずつ動かすことできるようになってきました。首肩周りの調整していると、どうしてもある部分だけが改善しないので、腕を調整すると首肩そして辛い辛い腰の痛みも軽減してきました。

この方は上半身の使い過ぎからぎっくり腰になったようです。1回では完全には良くならず、仕事が出来るまで回復するのに3回はかかるとお伝えしこの日は終了。

「歩いて帰ってからも痛みはありました。少し休んでから、楽になってきました。しかし、立っていると腰の痛みが出てきました。」

翌朝「腰、背中に違和感がありますが!だいぶ良くなってきました。」

と報告がありました。

ぎっくり腰 2日目

次の日、杖をついてですが歩けています。

また、体の歪みが出てきています。エネルギー療法と腰、首肩腕の手技を行い2日目終了。

帰りは杖なしで帰れるまでに良くなってきました。

ぎっくり腰 3日目

多少の歪みはありますが、痛みはかなりなくなってきました。

はじめから仰向けになり施術が可能に、腰を動かしてもピキッという「ぎっくり腰、特有の痛みはなくなり少しの痛み、違和感があるくらいまで回復」

帰りは普通に歩いて帰っていかれました。

次の日に仕事復帰できました。その仕事終わりの報告を頂きました。

これまではぎっくり腰をしたら1週間は仕事が出来なかったし、酷いぎっくり腰の時は1か月休んだそうです。

今回も1か月は無理だと思っていたそうで、でも3日休んだだけで仕事に復帰できたことは、奇跡でしかないと喜んでいただけました。

私としては1回でどうにかしてあげたかったのですが、症状が症状だけに時間はかかりました。

ぎっくり腰は突然に起きることと思っている方が多いですが、そうではなく、これまでの蓄積でどうにも体が限界を超えたときに起こるのです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる