ほとんどの人が一回では治らない理由

痛み・不調の原因とは

コップの水で例えるとわかりやすいです。コップにそそがれる水が痛みや不調の原因となるものとします。

これは免疫力の低下であったり、疲労だったり、環境要因であったり、ストレスであったり、遺伝であったりします。

自然治癒力が働いている状態であれば、そそがれる水よりも蒸発する水の方が多いため症状がでないのですが、疲労や人間関係などのストレスなどが重なると、なにかの拍子にコップから水が溢れ、痛みや痺れなどの症状となってでてきます。

その為、症状を消すにはいかにコップの水の量を減らしていけるか、そしてコップの器を大きくできるかというのが大事になってきます。

水道の蛇口からでている水が痛みや不調の原因

一回で全てが変わることはない

整体というのは

  • 原因となる水を止める
  • 水の量を減らしていく
  • 原因となる水に気付いてもらう

食事や運動などの生活習慣というのは

  • コップをサイズアップしてくれる
  • 原因となる水の量を減らしてくれる

私たちができることは、船で言えば舵をとって目的地へゴールに向かわせることだけです。

1回で良くなるという人は方向さえ教えてあげれば、あとは一人で舵をとって目的地に向かうことができる人です。
しかしほとんどの人は舵をとって目的地に向かわせても自分で逆方向に向かわせたり、蛇行させたりします。

整体というのは時には逆に向かったり、蛇行したりしながらも少しずついい方向に自分で舵取りをできるようになる、
そして自分自身のカラダをコントロールできるように持っていくことです。

整体を受けたら一回で全てが変わる、痛み、不調から解放されると考えるのは難しいのです。

どうしたら健康な状態でいれるのか?

整体を受けると、もちろんその場の痛みや不調から
ある程度解放されますがそれが1ヶ月後、3ヶ月後、半年後はどうでしょうか?

身体の調子が悪かった時と同じような生活をしているとすれば、コップからまた水があふれ出し症状がでてきます。
整体を受けてもご自身の生活習慣、食事や運動習慣、考え方などが変わらないとうまく舵をとることができません。

私たちは一時的に航海士の役割をします。
しかし船長であるあなたが、航海士のいうことを無視していれば、目的地になかなかたどり着けません。
健康な状態というのは、最終的に航海士がいなくても、自分で舵を取れるようにならなければいけません。

治療は全ておまかせするから私は何もしない、という方はすぐに以前の状態に戻ります。
逆に、進む方向がわかれば、自分の力でなんでもするよという方は体調を維持できます。

整体とはどういうものなのか?

整体や整骨院などの治療院が増え過ぎて生き残るのに必死になり、一回で治る、すぐに効果がでるという謳い文句、初回の大幅な割引、不安を仰ぐ大げさな広告などが、皆さんの脳に刷り込まれているのだと思います。

私たちは本来の整体とはどういうものなのか?ということをみなさんに正しく伝え「体」を「整える」ことがどれだけ重要なのかを知っていただけたらと思います。